TuneBrowser: セキュリティ対策ソフトによる削除について

2014年7月ごろから、セキュリティ対策ソフト(具体的にはNortonです)によって、ダウンロードしていただいたTuneBrowserのセットアップファイルが脅威であると判定され、削除されるケースが発生しています。

検出されたレポートから推定すると、ダウンロード数が少ない、公開から間もない、などの理由により、未知の脅威を含む可能性があると判定しているようです。たしかにTuneBrowserのダウンロード数は多いとは言えず、こうした理由で削除されると、抗いようがありません。

対策としては、当面はSymantecのWhite-Listing Requestに申請することくらいしかないようです。この申請によって、2014年7月27日現在、正式版・RC版含めすべてのTuneBrowserの公開ファイルは、信頼できると判定されています。ただ, この申請はリリースごとに必要のようですので、今後もリリース後しばらくは同様の現象が起こる可能性があります.

2017年10月ごろより, SymantecはWhitelistingの受付けを停止したようです. そのため, これ以降のリリースではWhitelistingの申請は行っていません.

セキュリティ対策ソフトによってファイルが削除されてしまう場合、以下のような方法をお試し下さい。

  • ブラウザを変更したらダウンロードができた、というご報告をいただいていますので、 Internet Explorer / Firefox / Chrome などブラウザを変えて試してみる。
  • Norton Internet Security をご利用の場合は、履歴の表示からTuneBrowserの削除のログを確認していただき、「復元」していただくと、ダウンロードされたファイルが元に戻るようです。
  • [2017/10/14追記] 作者のサイトからファイルをダウンロードすることに不安を感じる場合は, UWP版をご利用ください. UWP版の説明はこちらです.

ダウンロードいただく皆様には大変お手数をおかけすることになり、心苦しいのですが、どうかご理解いただければ幸いです。