TuneBrowser の先行版

このページでは、TuneBrowser の先行リリースを公開しています. 先行リリースは, ある程度PCスキルをお持ちで, 個人開発のソフトウェアの品質向上にご理解を頂ける方向けに公開させていただくものです.

2015年7月まで, これに近い趣旨として「開発中バージョン/リリース候補バージョン(RC版)」を公開していましたが, このやり方には課題がありました. RC版と正式版のビルドが異なることになり, 正式版リリースにあたってシマンテックへの Whitelist 申請 (このへんの顛末はこちらをご参照ください) を都度やり直していました. その結果, 正式版の公開後 Norton の Whitelist に掲載されるまでの期間, 「疑わしい」と言われてしまうことになっていました.

そこで, 正式版と同じ扱いのビルドを先行リリースし, 不具合の発生状況と Whitelist への掲載状況を見て, 適宜 (バイナリはそのままに) 正式版のページに移すというやり方にしてみることにしました (また別の課題が出てきたら, その都度見直していきます).

なお, このページでご提供している TuneBrowser のバージョン番号は, バージョン情報ダイアログで表示されるフルバージョン番号 (a.b.c.dddd = 通常のa.b.c形式の末尾にビルド番号ddddがついたもの) で見分けていただく必要があります. 正式版公開まで, バージョン番号 (a.b.c) を変えず, ビルド番号のみ更新した版を(頻繁に)再リリースする場合がありますので、ご了承ください.

ダウンロード (Download)

Version 4.0.1.1268 :

更新履歴

4.0.1.1268 : 2017/05/13
  • WASAPIドライバに対するバッファ指定の精度を改善しました. ドライバによっては, これにより再生できるサンプルレートの範囲が改善します.
  • 再生時のクリップ検出処理を見直し, クリップ検出を行わない場合には(既定ではそのようになっています), 関連の処理がすべて動作しないようにしました.
  • WMA形式のアルバムイメージの読み込みを改善しました.
  • OpenHomeにおいて, アルバムイメージが表示されないことがある問題を改善しました.
  • OpenHomeにおいて, プレイリストの最大曲数の設定はコントローラからTuneBrowserへの設定時に適用していましたが, TuneBrowserからコントローラの設定にも適用するようにしました.
    • そのため, 大量の曲数を扱っている場合には, 設定によってはTuneBrowserのPlayback Queueの曲数とコントローラの曲数が合致しないことがあります.
    • これはコントローラ側の負荷軽減のための措置です.
  • 開発環境のバージョンを Microsoft Visual Studio 2015 から 2017に更新しました.
  • 内部で使用しているFFmpegのバージョンを3.3に更新しました.
  • 内部で使用しているcpprestsdkのバージョンを2.9に更新しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • WASAPIのドライバによって, 解放時に動作を停止することがある問題を改善しました.