TuneBrowser : FLAC/MP3/DSD 管理・再生ソフト

TuneBrowser は、ハードディスク上の大量の音源ファイルを管理するソフトウェアです. ASIO, WASAPI によるハイレゾ音源、DSD音源のネイティブ再生に対応しています.

TuneBrowser3

特長

  • DSD, FLAC, TTA, MP3, AAC, ALAC, Ogg Vorbis, WavPack, Wave, AIFF, APE, WMA に対応しています. これらのファイルを簡単に管理・再生することができます.
  • DirectX(Direct2D)を全面活用した, 動的で高速な画面描画を実現しています.
  • 完全オリジナルの再生エンジンを使用しています.
    • 最近, TuneBrowser の音質の良さを褒めていただけるようになりました. 手前味噌な話で恐縮ですが, でも, 別のところにも書いたように, 再生エンジンをオリジナルで書き起こしてよかったです(^^ヾ .
  • C++のテンプレートおよび CRTP を活用した内部構造により, 低CPU負荷です.
    • 例えば, ボリューム制御などは, ゲイン調整がある場合とない場合で別の処理となっており, ゲイン調整が必要ない場合は余計な演算や判定はまったく入りません. またゲイン調整する場合はすべて32bitで処理しています.
  • アーティスト, 作曲家, 演奏家, 楽曲名など, さまざまな条件で簡単に連想検索が可能です.
  • ロック, ジャズだけでなく, クラシック音楽も充分に管理できるように考慮しました.
  • Unicode 完全対応です.
  • 明確にタグの編集操作をしないかぎり, 元のファイルは変更しません.
  • DSD含めすべての形式でギャップレス再生に対応しています.
  • 詳しくは, 同梱のヘルプファイルをご覧ください.

動作環境・対応機器

  • TuneBrowserは以下のOSに対応しています.
    Microsoft® Windows® 10
    Microsoft® Windows® 8.1
    Microsoft® Windows® 7 SP1
  • Direct2Dを使用しているため、これに対応した環境が必要です.
    Windows 7以上が動作する環境であれば、問題ないと思います.
  • 音楽を再生するには, ASIOまたはWASAPIに対応した再生機器 (DAC) が必要です. また DSDネイティブ再生には、ASIO2.1 または DoP1.1 による DSD再生に対応した機器が必要です.

ダウンロード (Download)

正式版: Version 4.1.2 :
先行版
  • 現在は先行版はありません.
以前のバージョン
補足説明
  • 環境によってEXE形式のダウンロードで問題が出る場合は ZIP形式をダウンロードして下さい. ZIPの中にはEXE形式と同じものが入っています.
  • TuneBrowser のバージョンアップ時には、古いバージョンをアンインストールする必要はありません. そのまま上書き方式で新しいバージョンをインストールすることができます.
  • 一部のセキュリティ対策ソフトによって、TuneBrowserのダウンロードファイルが削除される現象について.
  • TuneBrowserはLGPLv2.1/v3.0に基いたライブラリを使用しています. ライブラリのソースコードはこちらからダウンロードできます.
  • ダウンロードは tikisoft.net から行われます.

サポート/連絡先

もしお気づきのことがあれば、ご連絡いただけるとありがたいです. 連絡先は、同梱のヘルプに記載のメールアドレス、またはこのページの右下部にある「その他」-「メール送信」からお願いします.
  • このページへコメントは、いただけると大変嬉しいのですが, こちらの例のように, どうしてもコメント欄が長くなってしまうので、ここではコメント欄での私からの応対はしておりません (必要に応じてメールでご連絡致します).
  • また、このページにいただいたコメントは,公開させていただくことあります (その際には、本名と思われるお名前で登録されている場合はイニシャルに変更させていただきます). ご了承ください.

TuneBrowser の Edition

TuneBrowser は, フリーソフトとして無料で恒久的にお使いいただけます. この無料版を Free Edition と呼んでいます.
Free Edition のほかに, Full Edition があります. Free Edition と Full Edition のちがいは以下の通りです.
  • Free Edition は、管理できる曲数以外には機能制限や期間制限はありません. Free Edition では, 最大500曲まで管理できます. DSDネイティブ再生やハイレゾ音源の再生用のプレーヤーソフトとして使いたい、という場合には、フリーソフトとしてご利用いただけます.
  • 1.4.0からは, 最初の30日間, Full Editionと同様に無制限で使用できるようになりました. 30日を経過しても, それまでに登録いただいた楽曲は引き続きご利用いただけます.
  • シェアウェア登録していただくことで, Full Edition としてお使いいただけます. Full Edition は最大曲数の上限はありません.
    (CPU能力やメモリ容量など, PCリソースの制約はあります. 検証環境は10万曲(CDで8000枚相当)で, 問題なく動作することを確認しています)
Editionのちがいについて詳しくは、以下のページを参照してください.

更新履歴

4.1.2 (1301) : 2017/08/02
  • セットアッププログラムを更新しました.
  • ASIOドライバがバッファの Preferred size を 0 で返してきたときの処理を改善しました.
  • ASIOドライバが奇妙なタイミングで ResetRequest を発行したときの処理を改善しました (SOULNOTEのASIOトライバが正常に再生できるようになります).
  • WASAPIの再生に失敗したときに, Event/Pushモードを切り替えて再試行するようにしました.
  • WaveファイルのRIFFチャンクのサイズ情報は、古いWaveファイルでは誤っていることが多いようなので, 無視するようにしました. ほかのチャンクのサイズはこれまで通り使用します.
  • TTA形式のシーク, CUESHEETからの再生ができなくなっていた問題を改善しました.
  • Internal CUESHEET 内の FILE エントリの記述は, つねに無視するようにしました (EACで作成した Internal CUESHEET が読み込めるようになります).
  • 既定の設定でトラック一覧のトラック先頭に, DISCNUMBERを表示するようにしました.
    • トラックのソートには DISCNUMBER を使用しているにもかかわらず, 実際には表示されていないので, 意図しない DISCNUMBER が含まれていると不可解なトラックの並び順になってしまうことへの対策です.
  • 設定画面のネットワークの設定のツリー上の位置を変更しました.
  • RAMDecode の “Loading files…” 表示に進捗の % 表示を追加しました.
  • フォルダ名の変更時に, クローラで検出されないことがある問題を改善しました.
  • 設定変更時, Player View のプレイリストイメージが先頭トラックに戻ってしまう問題を改善しました.
  • 一部の環境において, CDDB(freedb)へのアクセスが失敗する問題を改善しました.
  • CDの取り込みでデフォルトのエンコーダと拡張子が合致していないどきの警告が出なくなっていた問題を改善しました.
  • ファイルの変換の設定で, ルートフォルダを空欄にしていても、アルバムフォルダが空欄でなかった場合に, ソース曲のフォルダが使用されない問題を改善しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • Player View が Auto Hide モードになっているときに, 何らかの操作で Undock 状態になると, やがて動作を停止する問題を改善しました.
    • DSDのPCM変換において, 対応できないデシメーションが指定された場合に, 動作を停止する問題を改善しました(エラーとして処理します).
    • シェル(Explorer)の右クリックでファイルを指定して起動した場合に, ファイルの種類によって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • WASAPIのドライバによって, 終了時にハングアップする問題を改善しました.
4.1.1 (1291) : 2017/07/07
  • ASIO による高サンプルレートでの再生の安定性をさらに高めました.
  • 再生に関するスレッド制御のMMCSS適否を設定で指定できるようにしました.
  • DSDのPCM変換再生時の初期設定値を見直し, PCMサンプルレートはDSDサンプルレートに追従するようにして, ゲインを 6dB にしました.
  • リピート再生時, ギャップレス再生の考え方で繰り返すようにしていましたが, DSDの終端が0Vでない曲の場合にノイズの出ることがあるため, 一度デバイスを停止させるようにしました.
  • ダンプファイルの作者サーバへの送信ができなくなっていた問題を改善しました.
  • イメージの管理で保存中に中止の操作をしても、処理が停止しなかった問題を改善しました.
  • 環境によってルートフォルダが認識できない問題を改善しました.
  • Album View の検索において, 検索文字列が空の状態で検索すると動作を停止する問題を改善しました.
4.1.0 (1286) : 2017/06/27
  • Last.fm の Scrobble に対応しました. 設定の「ネットワーク」から有効にすることができます.
  • ASIO による DSD 5.6MHz / 11.2MHz など, 高いサンプルレートでの再生の安定性を改善しました.
  • OpenHome の Android 用コントローラ BubbleUPnP / Kazoo での動作を改善しました.
  • OpenHome の Playlist.SeekId で再生を開始するようにしました. 設定でこれまで通り曲の切り替えのみ行う動作に戻すこともできます.
  • WavPack 形式の DSD に対応しました.
  • 1曲リピート機能ができるようになりました. リピート指定は「なし」-「1曲リピート」-「全曲リピート」でトグル動作します.
  • 検索用の代替表記のデフォルト設定に, 欧州系のアクセント付き文字だけでなく, 日本語の バ⇔ヴァ などの表記も追加しました.
  • OpenHome を使用時の問題の改善:
    • 終了時に動作を停止することがある問題を改善しました.
    • タイミングによりデッドロックを起こしてしまう問題を改善しました.
4.0.2 (1283) : 2017/06/11
  • OpenHome利用時にコントローラにジャケット画像が表示されないケースの改善を行いました. 特に Android 版 Kazoo での表示が改善していると思います.
  • OpenHome対応を有効にしているときの終了動作をすこし高速化しました.
  • タグの値を検索する際に, アクセント記号などを無視して検索するようにして、さらに ö –> oe のような代替表記に対応しました.
  • ヘルプの記載において, 開発用の識別子が一部で残ったままになっていた問題を改善しました.
  • とくにUWP版において、アプリケーションの終了時にスレッドの終了を待機している状態を「ハングアップ」とみなされることがあるようなので, 待機が長引いた場合には画面上にその旨を表示するようにしました.
  • プレイリストを更新した状態でPCをシャットダウンしようとすると, プレイリストの保存確認のメッセージが表示されるため, 強制的にシャットダウンさせると動作を停止することがある問題を改善しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • エクスプローラの「開く」などから曲を指定して起動したときに, ファイルによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • あるタイミングで終了させると, スレッドの終了待ちのまま終了しなくなる問題を改善しました.
    • あるタイミングで終了させると, 動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 特別なドライブに対するクロール処理中に動作を停止することがある問題を改善しました.
4.0.1 (1272) : 2017/05/27
  • WASAPIドライバに対するバッファ指定の精度を改善しました. ドライバによっては, これにより再生できるサンプルレートの範囲が改善します.
  • 再生時のクリップ検出処理を見直し, クリップ検出を行わない場合には(既定ではそのようになっています), 関連の処理がすべて動作しないようにしました.
  • FLACのエンコード時に64bit版でも対応していないCPUのイントリンシックが動作するケースがあったため, 使用しないようにしました (32bit版は以前に対策済みです).
  • RAMDecodeの並列読み込みを有効にしている場合に, 一時的にメモリの使用量が跳ね上がる問題を改善しました.
  • UWP版において, 再生に対応しているファイルの「対応アプリ」にTuneBrowserが表示されるようにしました (UWP版は現在ストア申請中です).
  • OpenHomeにおいて, アルバムイメージが表示されないことがある問題を改善しました.
  • OpenHomeにおいて, プレイリストの最大曲数の設定はコントローラからTuneBrowserへの設定時に適用していましたが, TuneBrowserからコントローラの設定にも適用するようにしました.
    • そのため, 大量の曲数を扱っている場合には, 設定によってはTuneBrowserのPlayback Queueの曲数とコントローラの曲数が合致しないことがあります.
    • これはコントローラ側の負荷軽減のための措置です.
  • WMA形式のアルバムイメージの読み込みを改善しました.
  • 開発環境のバージョンを Microsoft Visual Studio 2015 から 2017に更新しました.
  • 内部で使用しているFFmpegのバージョンを3.3に更新しました.
  • 内部で使用しているcpprestsdkのバージョンを2.9に更新しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • WASAPIのドライバによって, 解放時に動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 再生中にPlayback Queueの内容を総替えした場合に, タイミングによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • Album View において, タブをまたいで Shift+Click で選択すると, 動作を停止することがある問題を改善しました.
    • Action! Screen Recorderが動作している環境で, TuneBrowser内でAction! Screen Recorderが動作を停止してしまう問題の対策のため, 起動時に検出機構を設けました.
    • ID3v2タグに破損したタグが含まれていた場合に, 動作を停止することがある問題を改善しました.
4.0.0 (1265) : 2017/05/07
  • OpenHome に対応しました. タブレット/スマートフォンなどを使用して TuneBrowser をリモート制御することができます.
    • コントローラとして対応しているのは、iOS版(iPad/iPhone), Windows版の Linn Kazoo です.
    • コントローラー上で メディアサーバに TuneBrowser を指定し、 ルーム (OpenHome用語: 再生装置) にも同じ PC の TuneBrowser を指定した場合, TuneBrowser は PC で管理しているファイルとまったく同様の再生を行うことができます.
      つまり, DSD Native再生やギャップレス再生, RAMDecode といった機能は, すべてPCで操作している場合と同様に使用することができます.
    • 既定の設定では, この機能はオフになっていますので, ご利用になるには設定画面の「ネットワークの設定」でOpenHome対応を有効にしてください.
  • ASIOの外部プロセス制御を標準として, 「外部プロセス制御しない設定」は削除しました (複数の動作パターンをサポートしきれなくなってきたためです. もしどうしてもお困りの場合はご連絡ください).
  • WASAPIドライバのデフォルトのモードを Exclusive (排他モード) にしました.
  • Player View 上のインジケータで, Bit Perfect のレベルを簡単に切り替えられるようにしました. またそれに伴い, インジケータのレイアウトが変更になりました.
  • 再生開始時に, 設定の意図とは異なった条件で再生された場合に, 該当するインジケータをしばらく点滅させるようにしました.
    • たとえば, 88.2kHzの曲を再生しようとして, デバイス側がそのサンプルレートに対応していなくて, 96kHz で再生された場合には, デバイス側サンプルレートの 96kHz が点滅表示します.
  • RAMDecode のためのファイル読込みの並列化に対応しました.
    • 環境によっては動作が高速化します. ただし残念ながら動作が遅くなるケースもありそうですので, 注意してご利用ください.
  • ツールバー上のコンボボックスのスタイルが (ようやく) ほかのコントロールとおなじになりました.
  • 詳細表示のデフォルトの背景にジャケット画像を使用するようにしました.
  • プレイリストになっているタブの色を (ほんのすこし) ちがう色になるようにしました.
  • CDの取り込み時, 取り込み先のフォルダのアイコンを, ジャケット画像にするオプションを追加しました.
    • Version 3.6.8 で一時期 誤って告知した内容です(^^;.
  • Musepack (MPC) 形式の再生に対応しました.
  • アルバムイメージについて, 既定の設定を内蔵イメージ優先に変更しました. これまではフォルダ画像優先でした.
  • 3.6.8 で実施した WASAPI/ASIO のドライバ制御の強化の結果として再生終了時に毎回ドライバを終了する動作になり, それはすこし厳しすぎるので, 緩和しました.
  • ID3v2形式の内蔵イメージにおいて, コメントがUTF16形式の場合に正しくイメージを読み込めない問題を改善しました.
  • RAMDecodeを有効にしていて, かつ1曲単位の設定の場合に, 楽曲再生中にエラーフレームがあると再生が停止してしまう問題を改善しました.
  • ファイル名にハイフンなど一部の記号が含まれている場合に, ファイルを削除してもクローラが認識できない問題を改善しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • デバイス異常などで再生開始に失敗した場合に, タイミングにより動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 起動直後 (とくに UWP 版において) タイミングにより動作を停止してしまうことがある問題を改善しました.
    • Player View が自動的に隠れるモードのときに, ダブルクリックでミニプレーヤーとして独立させると, 動作を停止することがある問題を改善しました.
    • タブをクローズしたあと, 右クリックでコンテキストメニューを表示させようとすると, タイミングによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • タグ編集後のファイル保存中にメインウィンドウが操作できてしまうため, そのまま終了させると動作を停止してしまう問題を改善しました.

        コメント

        長いこといろいろなミュージックプレイヤーを試してきましたが、やっと満足のいくものに出会うことができました。何よりも音が素晴らしいです。
        システムの買い換えも検討しておりましたが、TuneBrowserに代えたところ現行システムでも充分に納得のできる音が出ています。私にとっては数十万円の価値があると感じております。本当にありがとうございます。

        投稿: M.T | 2017年6月24日 (土) 18時55分

        コメントを書く



        (ウェブ上には掲載しません)


        コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。