TuneBrowser : FLAC/MP3/DSD 管理・再生ソフト

TuneBrowser は、ハードディスク上の大量の音源ファイルを管理するソフトウェアです. ASIO, WASAPI によるハイレゾ音源、DSD音源のネイティブ再生に対応しています.

TuneBrowser3

特長

  • DSD, FLAC, TTA, MP3, AAC, ALAC, Ogg Vorbis, WavPack, Wave, AIFF, APE, WMA に対応しています. これらのファイルを簡単に管理・再生することができます.
  • DirectX(Direct2D)を全面活用した, 動的で高速な画面描画を実現しています.
  • 完全オリジナルの再生エンジンを使用しています.
    • 最近, TuneBrowser の音質の良さを褒めていただけるようになりました. 手前味噌な話で恐縮ですが, でも, 別のところにも書いたように, 再生エンジンをオリジナルで書き起こしてよかったです(^^ヾ .
  • C++のテンプレートおよび CRTP を活用した内部構造により, 低CPU負荷です.
    • 例えば, ボリューム制御などは, ゲイン調整がある場合とない場合で別の処理となっており, ゲイン調整が必要ない場合は余計な演算や判定はまったく入りません. またゲイン調整する場合はすべて32bitで処理しています.
  • アーティスト, 作曲家, 演奏家, 楽曲名など, さまざまな条件で簡単に連想検索が可能です.
  • ロック, ジャズだけでなく, クラシック音楽も充分に管理できるように考慮しました.
  • Unicode 完全対応です.
  • 明確にタグの編集操作をしないかぎり, 元のファイルは変更しません.
  • DSD含めすべての形式でギャップレス再生に対応しています.
  • 詳しくは, 同梱のヘルプファイルをご覧ください.

動作環境・対応機器

  • TuneBrowserは以下のOSに対応しています.
    Microsoft® Windows® 10
    Microsoft® Windows® 8.1
    Microsoft® Windows® 7 SP1
  • Direct2Dを使用しているため、これに対応した環境が必要です.
    Windows 7以上が動作する環境であれば、問題ないと思います.
  • 音楽を再生するには, ASIOまたはWASAPIに対応した再生機器 (DAC) が必要です. また DSDネイティブ再生には、ASIO2.1 または DoP1.1 による DSD再生に対応した機器が必要です.

ダウンロード (Download)

Version 3.6.8 :
補足説明
先行版
以前のバージョン

サポート/連絡先

もしお気づきのことがあれば、ご連絡いただけるとありがたいです. 連絡先は、同梱のヘルプに記載のメールアドレス、またはこのページの右下部にある「その他」-「メール送信」からお願いします.
  • このページへコメントは、いただけると大変嬉しいのですが, こちらの例のように, どうしてもコメント欄が長くなってしまうので、ここではコメント欄での私からの応対はしておりません (必要に応じてメールでご連絡致します).
  • また、このページにいただいたコメントは,公開させていただくことあります (その際には、本名と思われるお名前で登録されている場合はイニシャルに変更させていただきます). ご了承ください.

TuneBrowser の Edition

TuneBrowser は, フリーソフトとして無料で恒久的にお使いいただけます. この無料版を Free Edition と呼んでいます.
Free Edition のほかに, Full Edition があります. Free Edition と Full Edition のちがいは以下の通りです.
  • Free Edition は、管理できる曲数以外には機能制限や期間制限はありません. Free Edition では, 最大500曲まで管理できます. DSDネイティブ再生やハイレゾ音源の再生用のプレーヤーソフトとして使いたい、という場合には、フリーソフトとしてご利用いただけます.
  • 1.4.0からは, 最初の30日間, Full Editionと同様に無制限で使用できるようになりました. 30日を経過しても, それまでに登録いただいた楽曲は引き続きご利用いただけます.
  • シェアウェア登録していただくことで, Full Edition としてお使いいただけます. Full Edition は最大曲数の上限はありません.
    (CPU能力やメモリ容量など, PCリソースの制約はあります. 検証環境は10万曲(CDで8000枚相当)で, 問題なく動作することを確認しています)
Editionのちがいについて詳しくは、以下のページを参照してください.

更新履歴

3.6.8 (1256) : 2017/04/15
  • UWP版での Windows ストアでのライセンス購入に対応しました (2017/04/19: ストア公開が確認できましたので追記しました)
  • 多chのデバイスに対して, 2ch(ステレオ)のソースを再生するときの動作を軽量化しました.
  • CDの取り込み時, タグの書き込みに失敗することがある問題を改善しました.
  • Raw AAC形式が登録・再生できなかった問題を改善しました.
  • 前回バージョンで強化したMP3のエラー判定が厳しすぎたので, すこし緩和しました. またMP3で正常フレームの後に異常フレームが現れた場合の判定処理を強化しました.
  • TuneBrowser がエラー判定した “DeadFile” の情報をメニューからリセットできるようにしました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • x86版での内蔵FLACエンコーダ利用時において, 古いCPUをご利用の場合にCPU種別の判定が正しく行われず, CPUがサポートしていないにもかかわらずSSE4.1の命令が実行されて動作を停止するケースが発生したため, x86版(32bit版)のみ, FLACでのイントリンシックを使用しないようにしました.
    • 起動直後, あるいはMini Player表示時などにおいてタイミングによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 再生中にPlayback Queueを空にする操作を行ったときに, タイミングによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 設定画面において, ツリークエリを削除すると動作を停止することがある問題を改善しました.
    • デバイスの初期化後、あるいは再生中に(USBケーブルを抜くなどして)異常が発生した後、TuneBrowserからアクセスすると, 動作を停止してしまうドライバ(WASAPI/ASIO双方)への対策を強化しました.
    • RAMDecodeを使用したファイルの読み込み中にRAMDecodeの使用を停止した場合に動作を停止する問題への対処を強化しました.
3.6.7 (1249) : 2017/03/25
  • 3.6.5でのlibFLAC 1.3.2の取扱いに問題があり, 内蔵のFLACデコーダを使用してCDの取り込みを行うと, FLAC内部のデータの破損が検出されてしまう問題を改善しました.
  • ASIOのモード切替時のウェイト時間のデフォルト値を 0ms にしました. これで初期化時の待ち時間が多少なりとも短くなります.
3.6.5 (1246) : 2017/03/24
  • プレイリストに関する内部の処理を高速化しました. これにより, これまで2000曲としていた既定の再生対象曲数の設定を, 9999曲に変更しました. もちろん, これまで通り無制限の設定も可能です.
  • 内部で使用している libFLAC のバージョンを1.3.2に変更しました.
  • EBU R128 による ReplayGain 計算に使用している libebur128 のバージョンを 1.1.0 から 1.2.2 に変更しました.
  • ASIOドライバ制御に関する変更:
    • 3.6.4から一部のASIOドライバに適用していた「DSDモードチェックをしない」設定を, 標準で全ドライバに適用するようにしました.
      • DSDモードのチェックを行うとドライバによっては意図しない結果になり, お問い合わせをいただくケースが増えてきたため, そのようにしました.
      • そのため, 再生開始時, DAC側の現在の動作モードにかかわらず必ずモードを初期化するようになります. ドライバによっては, 初期化に要する時間がすこし増えるかもしれません.
    • ASIOドライバに対してDoPを有効にしていて, ドライバのデフォルトモードがDSD Nativeであった場合に, PCM再生ができなくなることがある問題を改善しました (デフォルトがDSDというドライバがあることにすこし驚きました(^^;).
    • ASIOドライバの制御において, Start/Stop に失敗した場合に, それ以降の制御が効かなくなるケースがあるため, ASIO制御プロセスそのものを停止させるようにしました.
    • 特定のASIO制御について, タイムアウト値を個別に設定できるようにしました.
    • ASIO制御プロセスのシステムDLLへの依存を減らしました.
  • その他ドライバ制御に関する変更:
    • 楽曲のサンプルレートにデバイスが対応していない場合の, WASAPIデバイスの初期化手順を変更しました.
      • これまではExclusiveモードで初期化に失敗した場合にSharedモードで試行していましたが, これをExclusiveモードのままほかのサンプルレートでの再生を試み, すべて失敗したらSharedモードで試行するようにしました.
    • デバイスが対応しているサンプル周波数に合わせて再生する設定で, 元の曲の周波数系統(48kHz/44.1kHz)を意識して再生周波数を決定するようにしました.
    • DSD 2.8MHzに対応していて, それ以上のサンプルレートに対応していないデバイスに対して, たとえばDSD 5.6MHzの楽曲を再生しようとすると, これまではいつも自動でPCMに変換して再生していましたが, 設定値を尊重して, 再生するかエラーにするかの動作を決定するようにしました (既定の設定ではPCMに変換して再生するようになっています).
    • デバイスコールバックのタイムアウトの -1 (無制限) 設定が効かくなくなっていた問題を改善しました. 
  • DSD再生後にPCMを再生した場合に, スペクトル表示にゴミが表示されることがある問題を改善しました
  • ReplayGainのスキャン時, すべてのファイルへの保存が完了する前に完了したと表示が出てしまう問題を改善しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • MP3形式およびMP4(AAC)形式のエラーチェックを厳しくしました. これにより極端に短いフレームをデコードしようとして動作を停止する問題を改善しました.
    • RAMDecodeロード中にRAMDecodeの設定をオフにすると動作を停止することがある問題を改善しました.
    • CDの取り込みダイアログボックスを閉じたときに, まれに動作を停止することがある問題を改善しました.
    • WMVなどのVBR形式の楽曲で ReplayGain (!=EBUR) を計算しようとすると, 動作を停止することがある問題を改善しました.
    • マウス操作で TuneBrowser を終了させようとすると, まれに動作を停止することがある問題を改善しました.
    • SoX Resamplerの設定した値により動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 再生開始直後, スペクトル計算の競合のためにごくまれに動作を停止する問題を改善しました.
    • ASIO制御のタイムアウトを数十msなど極端に短い時間に設定した場合に, ASIO機器との不整合で動作を停止することがある問題を改善しました. また, ASIO制御のタイムアウトを秒単位にして, 最小時間を1秒にしました.
    • ASIO制御時に Prepare 状態になったあとでチャネル数が変わってしまうASIOドライバへの対策を強化しました (バッファの確保が終わったあとなのでどうにもならず, エラーになります).
    • Wave/AIFF/TTA/APE/Vorbis/WavPackにおいて, ある特定の環境で, 再生開始時に動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 動作を停止させたあとでコールバックを呼び出すことがあるASIOドライバへの対策を強化しました.
3.6.4 (1234) : 2017/02/18
  • 3.6.2以降, DSD/PCM モードを正しく返さないASIOドライバを使用すると、再生音がおかしくなったり、再生ができないことがある問題を改善しました.
  • ASIOドライバからのリセット要求を無視する設定が, 正しく効いていなかった問題を改善しました.
  • WASAPIのPushモードでのタイムアウト時間が短すぎた問題を改善しました.
  • WASAPIでサンプルレートなど条件の異なる楽曲を連続して再生したときに, 設定したモード(Exclusive/Shared)ではなく, 前回のモードを引き継いでしまう問題を改善しました.
  • Player View の RAMDecode を示す “RAM” インジケータを Ctrl + クリックした場合に表示される設定ページがまちがっていた問題を改善しました.
  • CUESHEET関連の改善:
    • ひとつの楽曲ファイルに対する埋込みCUESHEETで, 複数のアルバムに渡る情報を設定しても, 反映されなかった問題を改善しました.
    • 埋込みCUESHEET を使用したタグを更新する場合に, FILE タグに誤ったファイル名が指定されていると, 正しく書き込めない問題を改善しました.
    • CUESHEETの複数の楽曲に対して共通の値を設定した場合, 次にクローラが動作するまで最初の曲しか変更が反映されなかった問題を改善しました.
    • CUESHEETを使用しているトラックのコンバートにおいて, 1) 埋め込み画像が正しく埋め込まれない問題を改善しました. 2)トラックを分割する設定にしていると進捗表示がおかしくなる問題を改善しました.
    • CUESHEET を使用しているファイルの RAMDecode 読込みを改善しました.
  • x86版において、MP3 が再生されないことがある問題を改善しました.
  • ID3v2 を MP3 に書き込む際, 元が非同期モードだった場合でも同期モードで書き込むようにしました.
    • 設定で動作を変更できます. ただ, Windows の Explorer や Sony の Walkman などのように, 最近は非同期モードに対応していないケースが増えてきたことと, MP3 が扱えて ID3v2 タグを想定していないアプリケーションももうないと思いますので, 既定の動作のままでよいのではないかと思います.
  • 再生関係の設定で, 初期値に戻す操作がページ単位でしか行えなかった部分を項目単位で行えるようにしました.
  • Album View でプレイリストを表示している場合に, アルバムを削除しても更新されたことを示す ‘*’ マークが表示されなかった問題を改善しました.
  • 内部で使用している FFmpeg を Version 3.2.4 に更新しました.
  • ヘルプファイル上に記載していた PayPal へのリンクが機能しなくなっていたので, TuneBrowser の Edition に関する説明へのリンクに変更しました. 
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • 何らかの理由で稀にバッファへのポインタを NULL で返す WASAPIドライバへの対策を強化しました.
    • Album View 上部のツールバーからタグ検索を行うと, 動作を停止することがある問題を改善しました.
    • ウィンドウ右下部に表示されるプログレスバーが Direct2D の問題で表示されなかった場合に, 表示終了時に動作を停止する問題を改善しました.
    • 終了時に, タイミングによって動作を停止する問題を改善しました.
3.6.3 (1220) : 2017/02/04
  • ASIOドライバのうち, 停止しても停止しないドライバへの対策を(さらに)強化しました.
  • 再生を開始した後にデバイスのリセットを要求するASIOドライバのためのログを強化しました.
  • WASAPIデバイスで再生仕様の適合確認を行う際の動作を改善しました.
  • ユーザ操作によるファイルの削除は, 基本的にOSのゴミ箱に入れるようにしました (ゴミ箱の状態によっては, 警告なくファイルが削除されることもあります).
  • 「現在のトラックの再生が終わったら停止」で再生が停止しても, 「現在のトラックの再生が終わったら停止」をリセットしない設定を追加しました.
  • ログ系の表示のフォントを指定できるようにして, デフォルトを Consolas にしました.
  • HighDPI環境でタイトルバーのサイズがおかしかった問題を改善しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • DSD-PCM変換, MP3など, 「前の曲の状態が次の曲に影響する」形式の楽曲を連続再生していると, 動作を停止することがある問題を改善しました
    • ツリークエリがひとつもない状態で設定画面を開こうとすると, 動作を停止する問題を改善しました.
    • Album View の Index card 用のビットマップの生成に失敗したときに動作を停止する問題を改善しました.
3.6.2 (1220) : 2017/01/18
  • 一部のソフトが生成したDSFファイルを再生した場合に, 曲の終了時にパルス状のノイズが再生されてしまう現象を改善しました.
    • DSFファイルは, ch毎に4096バイトのフレームにわけて格納されますが、一部のソフト (ex. JRiver) の生成したDSFファイルは、最終尾の4096バイトに満たないデータがフレームに分割されず, 詰めて格納されています.
    • 今回の対処では, 最終尾のデータの格納方法を自動で判定してデコード方式を切り替えるようにしています. その結果 (おそらく大丈夫とは思いますが), 判定結果によっては, これまで正常に再生できていたデータが再生できなくなる可能性があります. その場合はお手数ですがご連絡ください.
    • この対策とは関係なく, 世間に流布されているDSDデータには、冒頭部/末尾部のデータの処理が不適切なものがあります. そうしたデータのパルスノイズはこの対処では軽減できませんので, ご了承ください.
  • 再生に失敗して, 次におなじ曲を再生する場合に, 前回の失敗を前の曲の再生と取り違えて, 最終フレームを引き継ごうとしてしまう問題を改善しました (FLAC/DSDなど前フレームの影響を受けない可逆デコード形式の場合は関係ありません).
  • Album View で多数のタブを開いていた場合の, 起動時の動作を高速化しました.
  • Player View のデバイス制御ツールバーに, デバイス一覧の更新用のボタンを追加しました.
  • Tree View におけるツリー表示とプレイリスト表示を切り替えるボタンを, 右側から左側に移動しました.
  • Tree View におけるツリークエリにおいて, フォルダツリー以下のノードを Album View に表示する際には, トラックがファイル名でソートされるようにしました.
  • イメージの優先度の曖昧さを改善しました.
  • Album View の右クリックから, ジャケット画像の大きさを指定できるようにしました. ここで指定する大きさは, それぞれの View の表示形式でのデフォルトのサイズに対する倍率です.
  • Unicode Big Endian 形式で書かれた CUESHEET ファイルをサポートしました.
  • 上書きインストール後に一部のアルバムのジャケット画像が表示されなくなった問題を改善しました.
  • ドッキングウィンドウの着脱時の動作の見苦しさを改善しました。
  • タグを含まないサブブロックのクエリの結果が空文字になってしまう問題を改善しました.
  • ASIO再生時, 前の曲とサンプルレートが変わったときに, ドライバによって動作を停止することがある問題のログ強化を行いました. すいませんが改善には至れていないので、同種の問題が発生した場合は、ダンプファイルの送付をお願いします.
  • Version 3.6.1 でASIOデバイスのサンプルレート変更時のデバイスリセットを行わないようにしましたが, 問題のあるドライバが出たため, 再初期化を行うようにしてみました.
  • UWP版において, ライセンスキーを入力しても, 次の起動時に試用版に戻ってしまう不具合を改善しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • DSDをPCMに変換する再生を連続して行ったあと, 再生を停止しようとするとタイミングにより動作を停止することがある問題を改善しました.
    • ASIOドライバのうち, 停止しても停止しないドライバへの対策を強化しました.
3.6.1 (1214) : 2017/01/07
  • 一部のASIOドライバで、TuneBrowser を巻き込んで動作を停止するケースが収まらないので, ASIOドライバの制御を別プロセスとして独立させました.
  • ASIO/WASAPIドライバ名に, Unicode固有の文字が使われていた場合に, 再生開始に失敗する問題を改善しました.
  • ASIOの制御において, デバイスが指定したサンプルレートに対応していなくて, 対応するサンプルレートを自動で検索する設定の場合, サンプルレートを変更する都度デバイスを再初期化していましたが,  これを全サンプルレートが適合しなかった場合のみ再初期化するようにしました. これにより、再生開始あるいは問題発生時のエラー判定までの時間が短縮されます.
  • 読み込んだプレイリスト内に, 存在しないファイルが記録されていた場合, プレイリストを編集中の状態(* 印をつけます)にして, ロードされたプレイリストが不完全であることを示すようにしました.
  • オーディオストリームの含まれていないMP4形式は, エラーではなく無視するようにしました.
  • 右クリックでのコンテキストメニューから対象曲を「再生」できるようにしました (あわせて, コンテキストメニュー項目の順番をすこし変更しました).
  • PCM用にボリュームが設定されているときに DSD ネイティブ再生(DoP含む)を行った後, ふたたびPCMを再生するとボリュームが0に戻ってしまう問題を改善しました.
  • マルチチャンネルのFLACファイルの再生時に音質がおかしくなる問題を改善しました
  • 楽曲のタグ名と, 内部で使用しているDBMSの予約語が競合すると, 楽曲が登録できなかった問題を改善しました.
  • foobar2000の埋込みCUESHEETにおいて、全楽曲共通でないアルバム情報を保存するときに使用される拡張タグに対応しました.
  • Album View のプレイリスト形式表示において, PERFORMER タグが含まれていない楽曲で “by” だけが表示されていた問題を改善しました.  
  • イメージの管理でイメージファイルを削除した場合, ゴミ箱に入れるようにしました.
  • フォルダ上の画像ファイルをジャケット画像として表示する際に, 以下の優先度で適合したファイルを使用するようにしました (ベース名とは、ファイル名から拡張子を除いた部分の名称です).
    1. ファイル名が ALBUM タグの値と同じベース名の画像ファイル
    2. 再生中の楽曲ファイルと同じベース名の画像ファイル
    3. 以下、ベース名が folder, front, cover, album の順
  • 画像のキャッシュにおいて, フォルダ部分が一致した画像を使用するかどうかを指定できるようにしました. また「固定ディスクの画像ファイルはキャッシュしない」設定でも, 楽曲の埋め込み画像はキャッシュするようにしました.
  • 楽曲ファイルに埋め込まれた画像の表示に失敗することがある問題を改善しました.
  • 何らかの理由でDirectXの描画に連続して失敗した場合に, そのことがわかるようにGDIでエラーメッセージを表示するようにしました.
  • 一部の環境でTuneBrowserが終了するときに, 動作を停止する問題を改善しました.
  • Tree View のノード名に, 漢字とアルファベットが混在し, かつ区切りとなる文字が含まれていない長い文字列を表示する際に, 省略記号が適切でない位置に表示される問題を改善しました.
  • このバージョンから, 32bit 版の表記を x86 版に変更しました. 
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • なにも表示されていないAlbum View のタブをダブルクリックすると, 動作を停止することがある問題を改善しました.
    • オーディオドライバの初期化に成功し, 再生開始に失敗したときに, 停止させるスレッドが不充分であったため, TuneBrowser 終了時に動作を停止する問題を改善しました.
    • TuneBrowser を起動後, しばらくすると, 内部のイメージキャッシュのクリーンアップ中に動作を停止することがある問題を改善しました. irect2D のエラーが発s@4生した場合に, タイミングによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • Direct2D のエラーが発生した場合に, タイミングによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • Album View 内の楽曲をドラッグ操作して, その Album View のタブを閉じて, さらに別のタブの楽曲をドラッグ操作しようとすると, タイミングによって動作を停止することがある問題を改善しました.
    • ゴミフレームが含まれたMP3ファイルへの対策を強化しました.
    • DirectX のデバイスリセットが発生した場合の対処を強化しました.
    • 空の Album View をブロック表示形式にして, 右側のバーを操作すると, 動作を停止することがある問題を改善しました.
    • リサンブラーの設定が Base xNのときに, サンプルレートが0の楽曲を再生しようとすると, 動作を停止する問題を改善しました.
    • 破損したFLACファイルにアクセスした場合に 動作を停止することがある問題を改善しました(まだ充分ではないかもしれません).
    • DSD-PCM変換など, 前の曲の状態が次の曲に影響するデコード形式の楽曲において, 連続再生すると動作を停止することがある問題を改善しました.
    • 大きなプレイリストファイルをロード中に, そのタブを閉じると, プレイリストファイルのロード完了後に動作を停止することがある問題を改善しました.  
3.6.0 (1195) : 2016/12/03
  • あらたにUWP版の試験公開をはじめました. UWP版については、こちらを参照してください.
  • 設定の組合せによって TuneBrowser のメモリ使用量が大きくなってしまうケースの安全策として, PCに実装されている実メモリ容量に対する使用量制限を行えるようにしました.
    • デフォルトで50%に指定されています. この場合, 2GBメモリのシステムであれば1GBまで, 24GBメモリのシステムであれば12GBまで, が目安となります.
    • この設定は, TuneBrowser のメモリ使用量がここで指定した容量を超えないことを保証するものではありません. これは目安です. 制御するバッファ容量は, RAMDecode用のバッファ, デコード用のバッファ, イメージキャッシュ用のバッファの3種類です.
  • 楽曲一覧の行に, 楽曲のスペック情報をもうすこし詳しく表示するようにしました.
  • スペクトル表示のピークラインの表示をデフォルトで有効にしました.
  • WASAPIデバイスに対する初期化処理を強化しました.
  • FullEdition としての試用期間が終了して, 通常の FreeEdition として動作していることが不明瞭であるとのご指摘を複数いただいたので, (操作がすこしわずらわしくなってしまうので少々不本意ですが) 曲数制限に達したら, 起動後1回だけ, 上部のキャプションバーにその旨を表示するようにしました.
 

        コメント

        こんにちは、素晴らしいソフトです。
        管理の簡単さ、デザイン、有料版の料金、動作、音質どれをとっても素晴らしいと思います。
        特に音質に関して、有名な音楽管理ソフトでのイコライザ機能に不満を感じていたところでしたので出会えてうれしいです。
        音楽が好きな者、ソフトウェア開発を学ぶ者としてこのソフトに感激です。
        数千曲の音源をこれからもパソコンで管理していくつもりなので、30日後には、fullエディションを購入して使わせていただきます。

        投稿: vito | 2017年4月17日 (月) 10時44分

        素晴らしいソフトをありがとうございます!!!

        タグの内容でソートできたり、検索できたり、タグの内容を自由に表示できたり、本当に素晴らしい限りです。

        他のソフトはやりたいことが全然できず、不満が溜まっていましたが、こちらのアプリケーションで全部解決です。

        投稿: esashi | 2016年9月17日 (土) 14時44分

        6月にTEACのUD-301を購入し、当初は添付ソフトを使っていましたがどうにも使い勝手が悪く、代わりとなるソフトを探しました。foobar2000等も検討しましたが、簡単には使えそうにもなく、どうしたものかと思案していたところ、このTuneBrowserに出会いました。添付ソフトとは違いとても使い勝手がよく、foobar2000のように面倒な設定も不要で、以前MediaMonkeyを使っていた際に構築していた環境からあっさりと引き継ぐことができ、使い勝手もMediaMonkeyと似ていて違和感なく移行できました。中でもLibraryViewerからジャケ写でアルバムを選択できるという機能は秀逸です。即決でFull Editionを登録させて頂きました。言わば「ハイレゾ再生ソフトの決定版」ですね。お奨めの逸品です。

        投稿: ukat | 2016年8月28日 (日) 05時52分

        7月からこのソフトを使用しております。
        iFi Audioのnano iDSDを使用して、少し特殊ですがFoober2000でのfoo_dsd_asioを利用し、TureBrowser上で176.4khzにリサンプル処理すると上手いことすべての圧縮音源をDSDへ変換再生が可能になりました。
        かなりイレギュラーな使い方かもしれませんが、動作報告といたします。

        投稿: T.F | 2016年7月24日 (日) 13時02分

        CDプレイヤーからのデジタル出力に肉薄する、
        いや、それ以上の音楽性があり、とても素晴らしい
        プレイヤーだど思いました。ありがとうございます。
        いつか、スマホからでもリモートコントロールできる
        環境になれれば、最高ですね!

        投稿: J4429 | 2016年7月22日 (金) 20時13分

        Bass系(XMPLAY,AIMP,MusiBee)を好んで使用していますがDSD Nativeが無いので、Foobarも使用していました。Foobarはどうも平べったい音がする気がしていいPlayerは無いかなとずっと探していたところ、こちらに巡り会いました。日本でこれほどの音楽Playerを開発されていることを応援する意味も込めて課金いたしました。
        Visual面はあまり興味なくTextだけで十分なんですが、Visual面もなかなか面白いです。happy01

        投稿: にゃぼちん | 2016年7月11日 (月) 23時27分

        素晴らしいソフトに出会いました。
        TEAC-UD501を使用していますが、
        付属のプレイヤーが、とりあえず再生出来ます程度で機能的にとても満足いくものではないです。
        本当にメーカーが作成したソフト??
        その点、TuneBrowserは音も良いですが、検索、タグの管理、修正、CDのリッピングと必要な機能が高いレベルで用意されています。
        見た目も凄く綺麗で音楽を再生する楽しみが増えました。
        新しい機能やバグ対策にも素早く対応して頂けます。
        これからもよろしくお願い致します。

        投稿: ヒロ | 2016年5月22日 (日) 01時17分

        KorgのDSD-DAC-10を使ってDSDを楽しんできたのですが、AudioGate音質に今一満足できないのと、音源管理が操作しにくいので、何か良いソフトはないかと探しておりました時に、貴ソフトを知り、その使い勝手の良さと、音質の作りこみの姿勢に感動し、使わせていただくことにいたしました。これから使い込んで、いろいろご注文だせるぐらいになりたいものだとおもいます。よろしくおねがいいたします。(^^♪

        投稿: O.K | 2016年3月15日 (火) 07時26分

        musicBEE、JRIVERを今まで使っていましたが、ほかにいい音のするソフトを探していてこのソフトを使ってみましたが、音的にはMUSICBEEとJRIVERの中間に位置するピュアオーディオのフラットで素直な聴き疲れの少ないいい音がして気に入りました。機能的にも音質調整などを省く思い切りの良さには脱帽物で、よほど音に自信がないとできないことではないでしょうか。残念なのは、CDのコピーにFLACしか選択肢がないことです、ぜひWAVも追加してほしいです。
        尚、DENONのPMA-50でも問題なくDSDファイル再生できました。

        投稿: Y.H | 2016年2月17日 (水) 19時24分

        素晴らしいソフトを公開していただきありがとうございます。
        foobarはUIの自由度が高すぎてなかなかこれといったUIに出来なくて探していたらたどり着きました。
        また、他のプレイヤーと聴き比べても音の広がり方が違うような良い音質に感じます。
        ありがとうございました。

        投稿: だるある | 2016年2月11日 (木) 11時25分

        久しぶりにDSDの楽曲を聞こうとしてFOOBARに拗ねられたので、ネットの海を彷徨っていたら見つけました。さっそくインストールして聞いてみましたが、音がいいですね!
        使用しているのDACはDENONのDA300-USBです。
        なにより設定が簡単なのが素晴らしい。・゚・(ノД`)・゚・。
        これでフリーだなんて申し訳ないのでライセンス登録いたしました。

        今後ともよろしくお願いいたします。

        投稿: T.M | 2016年1月17日 (日) 16時05分

        恐れ入ります。最高のプレイヤーに出会えました。
        是非、改良して欲しい点があります。プログラムのアイコンをもっとカッコいいものに変更していただけないでしょうか? Windows10上のタスクバーにピン止めするのにもっとカッコよくして欲しいです。playerの内容ではなくて申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

        投稿: KEN | 2015年11月25日 (水) 22時13分

        こんにちは。

        探していた素晴らしいソフトに出会えました。

        aimpよりも私には高品質な音に聞こえますし、膨大なCDファイルの管理機能も素晴らしいです。aimpの時は良くバグしてましたがそんな事もなく快適に動いております。

        無条件で課金します。開発頑張ってください。

        投稿: at | 2015年11月 9日 (月) 23時34分

        これは最高ですね! DACのドライバーを更新したら今まで使ってきたMediamonkeyのASIO出力プラグインが機能しなくなってしまい、プレーヤーを探していました。foobar2000は定番ですけど、UIがイマイチでいらいらしていたところでした。個人的には理想的なPCオーディオプレーヤーです。

        投稿: dari88 | 2015年4月19日 (日) 15時23分

        明けまして御目出度うございます。
        新年早々の新バージョンの配布有難うございます。早速DLして使わせていただきます。
        私の好みのプレーヤーは、貴TuneBrowser,BugHead Emperor,Foobar2000なのです。昨年末にDYNAUDIOのスピーカーを購入して、これまでに無い音響に興奮しています。今年も良い年でありますよう、お祈りします。

        投稿: K.K | 2015年1月 1日 (木) 08時19分

        はじめまして。foober2000からこちらのソフトに乗り換えました。nano iDSDでDSD128(5.6Mhz)、DSD256(11.2Mhz)の再生が確認できました。ところが、48kHz系のDSD128(6.2Mhz)の再生が出来ないようです。対応できるようでしたらお願い致します。

        投稿: すあま | 2014年12月 5日 (金) 17時56分

        今月からTuneBrowserを使用させてもらっています。
        ジャケット表示・フォルダツリー・ミニプレーヤーなど私の理想のプレーヤーにほぼ近い形で作られていたので、とても気に入っています。

        ただ、わがままを言わせてもらえば下記の2点が実装していただきたいと、思っております。

        1.ランダム再生
        聞きたい音楽をプレイリストなどで「Playback Quere」に表示されていますが、現状固定の順番でしか再生できません。
        一般のプレーヤーならどれにでもついているランダム再生がこのプレーヤーには見当たりません。
        (もしかして私がみつけきれていないだけ?)
        ランダム再生が実装されれば、音楽鑑賞の楽しみ方が増えるのではないかと考えます。

        2.設定のexport・import機能
        もしOSを再インストールなどを行った時に設定を一から行うのは少し面倒です。
        もし、設定のバックアップを残しておくことができれば、何かあった時のためにも安心です。

        よろしくお願いします。

        投稿: 1ファン | 2014年4月20日 (日) 11時29分

         DS-DAC-10でDSDをネイティブ再生するフリーソフトは、Audiogateとfoobar2000が目下の主流と思われます。しかしAudiogateは音楽ファイルの管理面での使いづらさがあり、foobarもDSD再生とPCM再生では設定を変えなければならない不便さがありました。
        “tunebrowser”は、これらの不便さを解消してくれる優れた再生ソフトで、DS-DAC-10で問題なく動作しております。さまざまな項目で音楽ファイルを表示・検索でき、デザインもなかなか洗練されていてリスニング目的にも耐える高音質です。
         素晴らしいソフトをありがとうございます。今後ますます進化して、ハイレゾ再生ソフトの定番となることを祈念いたします。

        投稿: H.Y | 2013年12月14日 (土) 15時06分

        素晴らしいソフトの開発、まことにありがとうございます 過日FOSTEX HP-A4を導入しましたが、foobar2000ではDSD音源再生時に「95秒後に止まってしまう」という症状が解決できませんでした。 こちらのアプリケーションではFOSTEX Asio Driverにて正常に再生ができました! 溜め込んだDSD音源(SACD 30枚分)を気持ちよく聞くことができるようになって、大変うれしく思っております。
        あらためて御礼いたします。

        投稿: A.K | 2013年12月11日 (水) 13時09分

        コメントを書く



        (ウェブ上には掲載しません)


        コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。