« ハイティンク/シカゴ響のマーラー、交響曲第3番 | トップページ | ハイティンク/シカゴ響のブルックナー、交響曲第7番 »

2008年2月24日 (日)

デジタル ケーブル

Cardas-WireWorld すこし機器の配置を変えたら、愛用していた 1mのデジタルケーブル、CARDAS の Lightning 15 では長さが足らなくなってしまった。それで、以前から持っていた 1.5m の Wire World の Gold Starlight に交換した。そのまま2週間くらいがすぎた。


プロファイルのページに書いているように、ぼくの本業はソフトウェア開発者だ。長くなってきた業歴のなかで、いわゆるアセンブラでのファームウェアからUNIX/LinuxやWindowsといった "高級な" OSまで、さまざまなプラットフォームで仕事をしてきた。

その立場の知識でいえば、デジタルケーブルで音が変わるというのは、なかなか容易には信じられない。デジタルデータは、劣化する場合には「微妙に」劣化するのではなく、データが「化けて」しまう。だから、伝送経路でなにか問題が発生した場合には、音が変わるという程度ではすまなくて、以前 DAC64 について書いた際にも触れたように、盛大なデジタルノイズとなってあらわれるはず、微妙に音が変わるなんてありえない――そう考えがちだ。

もちろん、これはデジタルケーブルという伝送路の話であって、メディアからデータを読み出すトランスポート部分と、そのデジタルデータを最終的にアナログ信号(実際の音)に変換するDAコンバータ部分では、いろいろと課題のあることは理解できる。CDから読み出すときにはエラー訂正が入る場合も多く、CDトランスポートの処理方式によっては、それがデータを変化させてしまう場合もあるだろう。また出口側で音に変換するDAコンバータは、まさに「微妙に」変化するアナログ信号に変換する部分だから、機器の特徴が出やすい。

さらに、以上の議論はいずれもデジタルデータの "内容" に基いた話だ。その下のハード屋さんの領域に降りていくと、このデータ内容を伝送するための信号に、ジッタといわれるゆらぎの問題が出てくる。通常のCDクオリティの信号であれば、簡単に言って1秒間に44,100x16(ビット)x2(チャネル)=1,411,200回のパルス信号が送られてくる。実際にはここに付加的な信号も加わるので、もっと多くなる。仮に1,411,200回のパルス信号として話を進めると、ひとつひとつのパルスの間隔は 1/1,411,200秒 ≒ 0.7 マイクロ秒になり、その時間間隔ごとにパルスを受けとることになる。ところがこれが時間通りにこないで、すこしずつ遅れたり早まったりする。回路はこれらを補正して受信し、結果としてきちんとデータを復元するわけだけれど、このジッタ補正の影響がもとのデータを変化させていたり、回路全体に影響してアナログ変換された「音」を変化させる。

このあたりは、バッファ付き入出力を前提としたコンピュータ系の各種伝送方式と、リアルタイム性と取り扱いの容易さを重視したSPDIFなど音楽信号用の伝送とで、考えかたがちがうのだろう。

また、本題よりも周辺の話で長くなってしまった。機器のレイアウトを変更して2週間くらいたったころ、ふと、どうも全体の音がまろやかになった気がした。はじめは理由がわからず首を捻っていたが、デジタルケーブルを Wire World の Gold Starlight に変更していたことを思い出した。

Gold Starlight は Wire World のラインアップのなかでも最上位のデジタルケーブルで、市場での評価も高く、ついでにいえば値段も高い。むかしから持っているが、この「まろやかさ」がぼやけた感じに思えて、どうも苦手だったことを思い出した。長いあいだ使っていなかったので、その印象も忘れてしまっていた。

ぼくがケーブルに対して(無理を承知で)期待しているのは、中低域の力感と、高域の透明感を両立させてほしい、ということだ。その思いのおかげで、世間ではドンシャリ気味と言われるようなケーブルをいまでも手放せずにときどき使っている。その例の最たるものはSAECのSL-1990V2で、悪く言うひとは悪く言うけれど、高域の澄みきった透明感についてはほかに変わるものがなく、これまで何回も使用を止めては、復活をくり返している。

結局、デジタルケーブルは Wire Worldよりさらにむかしに買った、ACROLINKの6N-D5070を引っぱり出してくることになった。このケーブルは、価格帯で言えば Wire WorldやCARDASに比べたらはるかに安価で、これといった特徴もない目立たない存在なのだけれど、結局、いちばんバランスが整っているような気がする。

 

|

« ハイティンク/シカゴ響のマーラー、交響曲第3番 | トップページ | ハイティンク/シカゴ響のブルックナー、交響曲第7番 »

オーディオ」カテゴリの記事

コンピュータ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイティンク/シカゴ響のマーラー、交響曲第3番 | トップページ | ハイティンク/シカゴ響のブルックナー、交響曲第7番 »