« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の3件の記事

2007年9月29日 (土)

アンドラーシュ・シフのベートーヴェン その2

Schiff05 アンドラーシュ・シフの弾くベートーヴェン、ピアノ・ソナタ全集の第5巻が発売された(輸入盤)。シフについてはすでに書いたので、もう取り上げないつもりでいたけれど、聴いてみるとやはりすばらしく、なにかを書きたくなってしまう。いつもおなじようなCDタイトルがつづいて申し訳ない。


§

シフのベートーヴェン、ピアノ・ソナタ全集の続刊が出るということは、胸の躍るようなニュースのすくない最近のクラシック業界において、ぼくにとって、かなり大きなニュースのはずなのだが、HMVのサイトを見ていても、どうも盛りあがりがいまひとつだ。

近いうちに、ポリーニのベートーヴェンの初期ピアノ・ソナタ集が出る。これはこれで大変に楽しみにしているのだけれど、HMVはポリーニ盤にニュース・リリースのページを用意しているのに対し、シフのほうはといえば、ひっそりと商品が追加されているだけの状態だ。すでに第5巻ともなると、さすがにニュース性はないということなのか、あるいはシフというピアニストの注目度がそういう程度ということなのか。

近年、全集物は "いっきにボックスセットで発売" というのが一般的になった。今回のシフのピアノ・ソナタ全集のように、録音は終わっていながら、こうして1枚1枚、個別にじっくりとリリースしていくというのは、とてもまれな例になってしまった。その意味で「大胆な」今回のリリースの方式は、発売元のレーベルECMの主、マンフレート・アイヒャーのこだわりの結果なのだろう、と想像してみたりもする。ひとりの消費者としてはボックスで出たほうが安くなってありがたいし、一気に手に入るので一気に楽しめる。でもそれは、あたかも山盛りの料理を腹いっぱいにかぶりつくような種類の幸福感になりがちだ。そうなるといくら高級素材だろうがB級グルメだろうが、そこそこの味であれば料理の中身はあまり関係なくなってくる。それはそれで幸せなのだけれど、そういう楽しみかただけではなくて、適切な間合いをとりながら順番に出される料理を、じっくりと味わって時間をすごす幸せだって、もちろんある。こうして数ヶ月おきのリリースをたのしみに待ちながら、ひとつひとつ時間をかけて聴いていくと、「忘れかけていたなにか」みたいなものをあらためて教えられ、豊穣な気持ちにさせられる。あるいはそれこそが、アイヒャーの狙いなのだろう。この心象は、ECMというブランドの持つイメージと、しっくりと合う。

§

さて、シフのベートーヴェン。敬愛する音楽評論家、濱田滋郎氏が雑誌『レコード芸術』の月評で、このシリーズの1枚を評して「東洋武術の精神に近づいたような」という趣旨の表現をされていたが、これはじつに言いえて妙だ。

これまで「軽やかで愉悦感に溢れる」という印象だったシフのピアノは、このベートーヴェンのピアノ・ソナタでは、研ぎ澄まされた鋭利な響きを強く感じさせる。軽やかであることと鋭利であるということは、言葉上はだいぶ印象がちがってくるが、おそらくはシフの「軽やか」というピアノの音は、その打鍵力の強さ、速さで成立していたものだ。その特質を、さらに推し進めて最大限に表現しつつ、それがベートーヴェンという楽曲の力感とあいまって、まるで東洋武術の世界観のように力強く、かつ磨かれて聴こえる、ということなのだろう。

今回のピアノ・ソナタ全集の発売にあたって、ぼくも含めて多くの方々の関心がここにあったのではないだろうか、と思う。つまりシフのピアノがベートーヴェンでどのように響くのか――もちろんシフがベートーヴェンを弾いたことがないというわけではない。ピアノ協奏曲はベルナルト・ハイティンクとすでに全集を完成させているし、室内楽でも高い評価を得ている。でもそれらの作品は、言いかたが悪いけれど、どちらかと言えば単発的、アルバイトのような印象で見られがちだったように思う。やはりシフといえば、あの音色を生かしたJ.S.バッハ、モーツァルト、シューベルト、あるいはぐっとむかしにもどってドメニコ・スカルラッティの躍動的なソナタ群。

そのシフが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタを弾く。しかも一部の楽曲だけでなく、全曲演奏をすると言う。だれがどう考えたって、それはもうアルバイトではない。なんらかの思い、覚悟をもって弾くということだ。いったいシフはなにを聴かせてくれるのだろう――そのワクワク感が、このシリーズにはある。

§

静謐で透明、それでいて強靭。とても美しい。もともとシフのピアノは静かな楽曲においてきらきらと輝く魅力があり、それはもちろんこのベートーヴェンでも健在だ。それにくわえて強奏部では、スローモーションのように鮮明さを保ちつつ美しい音がきらめいて乱舞する。たとえとして妥当かどうか迷うけれど、まるで映画『マトリックス』シリーズが拓いた映像世界のようだ。

それは、もちろん技巧上の「音」だけで作られている世界ではない。全体を見通してテンポや間あい、アクセントがすべて考え抜かれた結果、呼吸感のある、いささかも退屈させない、この理知的なベートーヴェンが表現されることになったのだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

アシュケナージのラフマニノフ (と、ラフマニノフの音楽について)

Ashkenazy-Rachmaninovということで、ウラディーミル・アシュケナージがコンセルトヘボウを指揮したラフマニノフ、管弦楽曲集が届いた。この話は先日のマリス・ヤンソンスのラフマニノフのつづきになる。

もともと指揮者としてのアシュケナージにはあまり興味がないというか、気持ちはよくわかるものの共感できるようなところがなかったのだが、ヤンソンスのスマートにすぎる演奏を聴いて、かなりの叙情派であろうと思われるアシュケナージの演奏に興味が向いたのだった。


購入したのは、DECCA の3枚組。交響曲全集と交響的舞曲、あと2つの管弦楽曲が収められている。

1982年から1984年の収録だから、最新の録音というわけではないけれど、HMVのサイトでは多くのレビューアが録音のすばらしさを称えている。まず聴いてみて、その評価の意味はすぐにわかった。決していま風の「目の覚めるような」明晰なサウンドというわけではない。オランダのコンセルトヘボウというオーケストラとホールの美しい響きが充分に捉えられており、艶やかでとても気持ちがいい。スモークガラスを通したような落ち着いたすこし暗めのトーンが上品だ。これが往年の DECCA サウンドなのだ、と言い切れるほどの経験はないのだが、なるほど、さすがだと思う。

§

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集それで、肝心のアシュケナージの演奏のほうはといえば、これは期待にたがわぬ情感豊かな演奏だ。ああ、アシュケナージらしいなと思わず微笑まずにはいられなかった。ラフマニノフの本来持つ叙情性を最大限に引き出して、濃厚に、ひたむきに、全身の力を込めて演奏する。こういうラフマニノフを求めておられる向きには、ひとつの理想像だろうと思う。かといって、もちろんロマンティック一辺倒というような、単なる表層をなでたような薄い演奏ではない。力強く、推進力があって、聴き応え充分だ。ぼくはこれからもくり返しこの演奏を聴いていくことになるだろうと思う。

でもなあ、と思う。ラフマニノフの音楽を聴くとき、こういう "叙情性を立派に構築する" という方向だけではどこか物足らないように思うのだ。ラフマニノフは近代の作曲家であって、ロマン派の時代のひとではない。すでにロマン派の作曲家が調性と固定的なテンポの世界で多くのことをやりつくし、時代はさらにつぎのステージへと向かおうとしているときだ。ラフマニノフはそうした時代の本流とはやや離れたところに身をおいて、彼が愛し美しいと感じる世界に、当時としてはやや古びた手法で進んでいった。

そのことをどう理解したらいいのだろうか。と、いつも思う。似た時代のロシアの作曲家として、ストラヴィンスキーがいる。ぼくの頭のなかでは、ラフマニノフにくらべてストラヴィンスキーのほうがはるかに大きく場所を占めているし、持っているディスクの枚数も、聴く機会も比較にならないくらい多い。だからといってラフマニノフがあまり好きではないとか、そういうわけではない。ただ、ラフマニノフの音楽が好きというとき、よく言われる旋律や叙情性もさることながら、この時代に敢えてこういう音楽を作ったという彼の意気、趣味性に何となく愛着を感じ、その姿勢が集約された表現としての音楽を好きだと言っているように思う。

ラフマニノフがどういうひとであったのかはよくは知らないが、彼の顔を見ていると、感情の赴くままとか、単純な回顧主義とか、時代の遺物とか、そういうものだけではなく、どこか冷静な視点での割りきりというか確信をもって、こうした音楽を世に問うているように思えてならない。たとえて言えば、本物のおとぎ話ではなく、大人のためのおとぎ話なのだ。

だから、演奏において、大々的に叙情性を持ち上げられても、それだけではすこし物足りないのだ。大人のためのおとぎ話を、大まじめに語られても困るし、かと言って醒めた感情だけでストーリーを追われても困る。情感と冷静さがうまく共存していてほしい。

もちろん、だからこそ、アイロニー的な意味あいも含めて徹底的に叙情的にやるのがいい、という考えかたはある。ぼくもたぶん、ときどきはそうした演奏を聴きたくなるだろう。上にも書いたように、アシュケナージの演奏はこれからも聴く機会はあると思う。でも、これこそがラフマニノフだといわれるようになったら、やがては彼の音楽も聴かれなくなってしまうような気がする。

§

彼のひとつまえの世代であるチャイコフスキーであれば、存分に美しく、情感豊かに演奏してくれてかまわない。あれは正面からそういう音楽だと思う。でもそのかわり、ある程度経験を積んだ聴き手は、いまさらそんなに張りつめた気持ちでもってチャイコフスキーの音楽に対峙はしないだろう。ラフマニノフもそういう風に聴かれるようになってしまったら、ぼくとしてはすこし残念な気持ちになる。なぜなら、これはもうすでに述べたように、19世紀末から20世紀初頭という時代に、すでに世界的に名声を勝ち得ていながら、敢えて趣味的・叙情的といわれる音楽を自分の作品として世に遺した、彼の意気が消えてしまうような気がするからだ。

 

 

Annotations :

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

ニッカの余市シングルカスクと、10年

Yoichi0 思いがけずニッカの余市蒸留所からシングルカスクの5年が届いた。引越しをするたびに住所変更の連絡はきちんとしていたりしたので、決して忘れていたわけではないのだが、いつ来るかはわからなかったので、やっぱり「思いがけず」ということになった。

これは、ニッカが提供している十年浪漫倶楽部のサービスの一環だ。詳しくはホームページを見てほしいのだが、申し込むと、その年の決まった時期から樽詰めを開始して、5年後に1本、10年後に2本、熟成したウィスキーを送ってくれる。気のながい、しかしそれだけの期間じっくり楽めるちょっと素敵なサービスだ。


 

就職したら、結婚したら、子供ができたら――ひとによってさまざまなきっかけでスタートするのだろうが、ぼくの場合、じつはそんな特別な理由はない。ただ夜中にホームページでこのサービスを見つけて、眠っている女房を叩き起こし、朦朧とする彼女の了解(?)をとりつけたのだ。

10年....というのは、つまり過去であれば「ひとむかし」として回想するくらい充分に長い時間だ。はじめようという動機は単純だったけれど、実際に申し込むときには、その10年を想わずにはいられなかった。子供のこと、仕事のこと。はずかしながら、そのどちらも想像を超えていた。結婚して、やがて子供ができて、という世代は、だいたい仕事のうえでもいわゆる働き盛りで忙しく、あわただしい。それでもしっかり自分の将来を見据えている方もおられるだろうが、ぼくはただがむしゃらに「生活」していくだけで精一杯だったし、それはいまもそうだ。今回、その半分である5年がすぎて1本が送り届けられたわけだけれど、あれから5年しかたっていないなんて、とても信じられない。べつの時代の話のようだ。

§

1本しかない関係上、貧乏性が顔を出すことになり簡単には開封できなかった。そのかわり、といってはなんだが、手許にあったべつの余市のシングルカスクをひさしぶりに飲んでみた。

余市蒸溜所のシングルモルトは、偉そうなことをいうようだけれど、どこに出しても自慢できる上品で豊かな風味と、それを敢えて崩すような粗野な個性をあわせ持っている。それが愛すべき味わいを生み出している。余市と双璧をなすサントリーの山崎は、すばらしくバランスのとれた優等生であり、それがサントリーの技術だなと感心する。ぼくは山崎もだいすきだ。でも、余市を飲むとき、豊饒な香りと甘みを感じつつも、喉の奥でほろ苦さが自己主張して、それが懐かしい土の感触を思い起こさせる。

スペイサイドでも、アイラでもなく、これはまちがいなく日本のシングルモルトウィスキーだ。たぶん、ぼくはいま「いちばん好きなウィスキーは」と訊かれたら、「ニッカの余市」と応えるだろう。

§

Yoich05 むかし、縁があって、数年のあいだ月2,3回というペースで関西から北海道に通っていたことがあった。そのころは、ウィスキーは好きでも残念ながら日本のウィスキーを敬愛できるほど見識を積んでおらず、余市を訪問することなど思いもしなかった。いっぽうこの余市蒸溜所のサービスを申し込んでからは逆になかなか行く機会がなく、北海道には何度か行きはするものの、あわただしくて蒸留所に立ち寄る時間など得られなかった。

それが2年ほどまえ、ようやく札幌で5時間ほど空き時間を得ることができた。その日は、打合せだけでなく、現場作業があったのだ。夕方4時には打合せが終わり、夜の9時から現場での作業を開始、というスケジュールだった。

Yoich09打合せが終わると、さっそく小樽を経由して余市に向かった。小樽から乗り換えのローカル線はなかなか本数がなく、やきもきしながらなんとか夕方5時には蒸留所に入ることができた。試飲のコーナーなどは残念ながら5時で閉まっていたけれど、受付けで十年浪漫倶楽部の会員であることを伝えると、「ぼくの樽」が熟成されている貯蔵庫まで案内をしてくれた。暗い貯蔵庫にならんだ樽からひとつを探し出し、案内の女性が懐中電灯の明かりをかざしてくれた。たしかにネームプレートにぼくの名前があった。たったそれだけのことだけど、初対面の樽にすこし感激した。いま、5年熟成のボトルを見ながら、あの薄汚れた樽のなかにこんなに美しいお酒が入っていたのだな、と思う。

Yoich12その日は、そのあと蒸留所のなかをひと通り散策して、製造工程の説明を見て、所内に漂うピートの香りを楽しんで6時の閉所までの時間を過ごした。帰りは小樽で途中下車。何度か行ったことのあるカウンターだけの小さな寿司屋に入り、ぼたん海老とカニ汁を堪能した。くどくど書かないけれど、どちらもほんとうに絶品だ。夜の8時半には札幌近郊の現場にもどり、 夜明けまで働いて、そのまま早朝の便で羽田にもどった(当時は横浜に住んでいた)。へとへとだったが、思い出深い、ひさしぶりに楽しい出張だった。

§

10年のうち、半分の5年がすぎた。必然的に、これからの5年間を想うことになる....これまでの5年間は、大きく変わったこともあれば、ほとんど変わらなかったこともある。いや、やっぱり変わったことのほうが多いか....。転勤も含めて、当時は想像もしなかった大イベントもあった。けれど、まあがんばっただけのことはあった5年間だった。これからの5年間もけっして楽なものではないということは充分想像できるが、家庭も、仕事も、なんとかうまく舵取りができれば、と思う。

40代サラリーマンのぼくは、どうやらそのくらいのことしか望んでいないようだ。あとは、すこしずついいから、音楽や本、そしてウィスキーを楽しむことができれば、いまはそれでいい。

 

Annotations :
ニッカ シングルモルト余市10年 :
シングルカスクは高いのだが、シングルモルトであればまずまずの値段で、充分に余市の良さを味わえる。ぼくもふだんはこれを飲む。超おすすめ。
Link : 楽天 河内屋でニッカ 余市10年を見る
ニッカのサイトとシングルカスク :
ニッカウヰスキー株式会社はいまはアサヒビールのグループ会社になっていて、アサヒビールのショッピングサイトでシングルカスク余市を購入することができる。シングルカスクの商品は、蒸溜所か、このショッピングサイトでしか購入できない。シングルカスク は限定品で、すぐ品切れになるのでご注意。
Link : ニッカウヰスキー株式会社のサイト
Link : シングルカスク(アサヒビールのショッピングサイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »