トップページ | ALR/Jordan の Note 7 »

2007年5月20日 (日)

ショルティ/VPOのベートーヴェン

Solti-VPO ユニバーサルから、DECCAレーベルでショルティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(VPO)のベートーヴェンが出ている。ジャケットが当時のものかどうかはわからないが、清廉で質素なデザインのジャケットとDECCAのロゴをながめていると、ユニバーサル傘下であることなど忘れて、「むかし」に戻ったかのようだ。

ぼくはこの演奏をリアルタイムで知るような歳ではないけれど、ずっと聴きたいと思っていた。シカゴ交響楽団(CSO)との演奏なら、たしか何枚かCDは持っているし、ベートーヴェンではなかったが晩年のコンサートにも行った。でも、ウィーンフィルとの演奏は、これが現役盤だったころは(優先度の問題で)なかなか買えなかったし、気軽に買えるような歳になるころには、もう手に入らなかった。


それがどういうanniversaryなのかは不勉強で知らないが、ショルティの初期の演奏が廉価で大量に発売され、そのなかにこのVPOとのベートーヴェンも含まれていた。

音はよかった。いくぶん「いぶし銀」の響きがあるかな。技術的なことはよくわからないが、無理してノイズレベルを下げた代償のようなぎらつき感はある。でも、1950年代の録音であることを考えたら、かなりいい状態ではないかと思う。

肝心の演奏のほうはと言えば、やっぱりこの人はその見た目どおり、頭が良くてせっかちなのだろうと思う。それがアップテンポの部分では躍動感につながり、緩徐楽章では軽快感が残る。「躍動感」も「軽快感」も、どちらも誤解を生む表現だ。でも、音楽のことについてはあまり書いたことがないから、どういう言葉を使ったらいいのかわからない。ただ、どちらにしても、それがCSOではなくVPOで奏でられることで円やかさが加味されて、このコンビでないと聴けないような「やわらかな剛健さ」のあるベートーヴェンになっている。

Annotations :
ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』 :
Sir Georg Solti, Conductor
Vienna Philharmonic Orchestra
DECCA UCCD-3765 (日本盤)
Link : HMVジャパン
ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』/交響曲第7番イ長調 op.92
Sir Georg Solti, Conductor
Vienna Philharmonic Orchestra
DECCA UCCD-3766 (日本盤)
Link : HMVジャパン

|

トップページ | ALR/Jordan の Note 7 »

クラシック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213595/15142588

この記事へのトラックバック一覧です: ショルティ/VPOのベートーヴェン:

トップページ | ALR/Jordan の Note 7 »