トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の3件の記事

2007年5月20日 (日)

ヴァントのブラームス、交響曲第3番

Wand-Brahms ギュンター・ヴァントのブラームス、交響曲全集が再発された。90年代のものではなく、80年代のリマスタ版だという。オケはどちらもNDR(北ドイツ放送交響楽団)。

80年代のヴァントのブラームスといえば――写真の右下に写っている、白いジャケットの廉価版には、かつてひとかたならぬお世話になった。そのころまだ20代の前半で、私生活がトラブっていた上に仕事では長期で出張に出ていることが多く、疲れてしまった深夜、交響曲第3番の第2楽章を、呆けながらひとりヘッドフォンでよく聴いた(わかってる、構図としてはかなり暗い)。


 

誰だってそうだと思うが、ブラームスの4つの交響曲のうち、どれがとり立てて好きだというのは難しい。でもなぜか、ぼくは以前からいちばん地味と言われる交響曲第3番が好きだった。はじめて耳にしたのは、まだ10代だったころ、テレビでサヴァリッシュがN響を振ったのを「目撃」したときだ。それは終楽章のしかも後半で、元気だったサヴァリッシュの指揮姿と、この交響曲第3番の疾走感がいっぺんに好きになった。

ベートーヴェン:交響曲第9番 サヴァリッシュといえば...別の話がはじまってしまう。フィラデルフィア管を引き連れて来日した際にはコンサートにも行った。右の写真にあるように、いかにも大学教授然とした風貌、語り口と、その印象を裏切らないスタジオレコーディング...でもライブでは全然ちがっていた! 闊達で楽しげで、見ている(聴いている)こちらまで楽しくなってくる。アンコールのスラヴ舞曲では、最後にくるっと半回転して音楽を振り上げた。2004年、N響の定期演奏会に現れた姿は、そうした日々を思うとあまりに弱々しく表情も虚ろに見え、思わず息を呑んだ。ここ数年というか十年ほど、忙しくて実演はもちろん、テレビでもラジオでもリアルタイムの演奏に触れる機会はまったくなかっただけに、まさに浦島太郎にでもなった気分だった。

 

話をもどそう。サヴァリッシュで「目撃」した第3交響曲終楽章の疾走感を求めて、たどりついたのがヴァントの83年の録音だった。ヴァントの名前もこのときにはじめて知り、その後、貧乏若者人生初のベートーヴェンの交響曲全集を購入した際にも、ぼくはヴァント/NDRによる録音を選んだ(正直、すこし小さくまとまり気味で期待はずれだった。この録音も同時に再発された...この話はまたいつか)。

それから、ぼくは第2楽章を「発見」して、愛聴した時期があった。この録音の木管楽器の響きは、ぼくがその後聴いたどんな録音に比べても憂いがあり、とても美しく響く。そして、感情を抑えつつも奔流する終楽章...リマスタ版を購入し、じっくりと聴きなおして、ぼくのヴァント像の原点というのは、ここにあるのだなと改めて思った。

 

90年代の録音の方は、残念ながら録音のせいか音楽全体が明瞭には響かない。購入した当時、期待して第2楽章に臨んだが、おだやかな雲から立ち上るように響くはずの木管楽器は、以前の録音のようには魅力的には聞こえなかった。終楽章も足取りが重く、前の録音やサヴァリッシュの演奏で感じられた、理性で抑えつつも感情が迸るような疾走感は影をひそめていた。

 

Annotations :
ヴァントのブラームス交響曲全集(80年代盤) :
Günter Wand, Conductor
North German Radio Symphony Orchestra
RCA 74321 89103 2
Link : HMVジャパン
ヴァントのブラームス交響曲全集(90年代盤) :
Günter Wand, Conductor
North German Radio Symphony Orchestra
RCA 09026 63348 2
Link : HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALR/Jordan の Note 7

Note7 もう何年も、ドイツALR/JordanのNote 7を使いつづけている。こんなに長い期間、しかもどっぷりとNote 7とつきあっているのは、たぶん全国でぼくだけではないかと思う(笑)。たしか発売になってまもなく購入したはずで、シリアル番号もずいぶん若い。でもあまり売れていないだろうから(笑)、いま買ってもまだシリアル番号は1000番台にも達していないのじゃないかな。いまはリビジョンが上がって、"Note 7i"という型番になっている。

当時のぼくにとっては(いまもだけど)高価な買い物だったから、ずいぶん時間をかけて選んだ。Sonus faberやDynaudio、B&WのNautilusシリーズと比較して、結局Note 7の高域のみずみずしさが決め手となった。中域の明瞭さ、低域の量感も気にいった。唯一ちょっと地味な見た目がウィークポイントだったけど...バッフル面が真っ黒というのはどうかなあ。嫁さんは、いまでもその点がすこし気にいらないみたいだ。


時効だと思うから白状するが、最終決定の日には仕事を休み、平日の朝から販売店の試聴室を独占させてもらった。DynaudioのContour展示品を安く提供してあげるよ、と言われて動揺したが、結局はNote 7で踏み切った。

導入してからも、もちろん期待に違わぬ音を奏でてくれている。まもなく、ついに手放すことになりそうだが、とてもいいスピーカーだという思いは変わらない。おかげで、その間にアンプを3回も変更する羽目になった。そのアンプの変遷の経緯で、どうもこちらの音に対する趣味もすこしずつ変わってきていて、またすこし違う世界に挑戦してみたくなった。

Note 7は、背面のパッシヴラジエータの調整が何といっても特徴的だが、足許の素材でもずいぶん音が変わる。スパイクが付属していることからもわかるように、何らかの方法で浮かしたほうが絶対にいい。低域が驚くほど明瞭になる。

最初は小さな黒檀のブロックで受けていて、これが安いわりに効果大だった。安定性の問題で、いまはベース一体型のスパイクと、さらにサザンイエローパインの角材で緩衝材をサンドイッチしたブロック上の台を置いている。サザンイエローパインは、木製ジェットコースターのコースにも使われている、とても硬い木だ。打ち合わせるとすこしカキンと鳴るので、ひょっとしたら高域に色づけしてしまっているかもしれないが、重量物のベースとしての安定感と、出てくる音は気に入っている。

あと、このスピーカーは、バイワイヤ接続が必須だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショルティ/VPOのベートーヴェン

Solti-VPO ユニバーサルから、DECCAレーベルでショルティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(VPO)のベートーヴェンが出ている。ジャケットが当時のものかどうかはわからないが、清廉で質素なデザインのジャケットとDECCAのロゴをながめていると、ユニバーサル傘下であることなど忘れて、「むかし」に戻ったかのようだ。

ぼくはこの演奏をリアルタイムで知るような歳ではないけれど、ずっと聴きたいと思っていた。シカゴ交響楽団(CSO)との演奏なら、たしか何枚かCDは持っているし、ベートーヴェンではなかったが晩年のコンサートにも行った。でも、ウィーンフィルとの演奏は、これが現役盤だったころは(優先度の問題で)なかなか買えなかったし、気軽に買えるような歳になるころには、もう手に入らなかった。


それがどういうanniversaryなのかは不勉強で知らないが、ショルティの初期の演奏が廉価で大量に発売され、そのなかにこのVPOとのベートーヴェンも含まれていた。

音はよかった。いくぶん「いぶし銀」の響きがあるかな。技術的なことはよくわからないが、無理してノイズレベルを下げた代償のようなぎらつき感はある。でも、1950年代の録音であることを考えたら、かなりいい状態ではないかと思う。

肝心の演奏のほうはと言えば、やっぱりこの人はその見た目どおり、頭が良くてせっかちなのだろうと思う。それがアップテンポの部分では躍動感につながり、緩徐楽章では軽快感が残る。「躍動感」も「軽快感」も、どちらも誤解を生む表現だ。でも、音楽のことについてはあまり書いたことがないから、どういう言葉を使ったらいいのかわからない。ただ、どちらにしても、それがCSOではなくVPOで奏でられることで円やかさが加味されて、このコンビでないと聴けないような「やわらかな剛健さ」のあるベートーヴェンになっている。

Annotations :
ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』 :
Sir Georg Solti, Conductor
Vienna Philharmonic Orchestra
DECCA UCCD-3765 (日本盤)
Link : HMVジャパン
ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』/交響曲第7番イ長調 op.92
Sir Georg Solti, Conductor
Vienna Philharmonic Orchestra
DECCA UCCD-3766 (日本盤)
Link : HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年6月 »